テーブルの上に並んだ目玉焼きやパスタ、カレーなどの美味しそうな料理たち

妊娠中に気をつけること

実は危険がいっぱい!妊娠中の外食で気をつけるべきメニューまとめ

「食べてはいけないもの」「食べないほうがいいもの」お腹に赤ちゃんがいる時は気を付けなければならない食材がたくさんありますよね。

特に気をつけたいのは外食する時。メニューを見て大丈夫そうなものを頼んでも、思わぬところに「食べてはいけないもの」がまぎれ込んでいることが少なくありません。

妊娠していない時は気にも止めていなかったけれど、妊娠すると一変。世の中には妊娠中に「食べてはいけないもの」がこんなに溢れているなんて!ここでは外食を通して気を付けたいいと感じたものを記録します。

メインにも付け合わせにも多い卵料理

高確率で火が通っていないことが多い卵料理。メインに卵が使われる料理は最初から避ければ問題ありませんが、卵料理は付け合わせにもよく使われます。卵料理を頼んだつもりがなくても、卵が使われているのはよくあること。

卵にはサルモネラ菌が付いていることがあり、妊娠中は火を通して食べたほうが安全だと言われますよね。

ボリュームがあって嬉しい卵料理の付け合わせですが、妊娠をするとちょっと邪魔な付け合わせに。なぜなら完全に火が通っているものがごく限られているからです。

カフェやファミレスのモーニングに付いている目玉焼きやスクランブルエッグはほとんどが半熟。ラーメン屋さんの煮卵も半熟のものが多いですよね。ランチで頼んだナポリタンの上に半熟のオムレツが乗っていたなんてこともありました。

火が通っていない卵を完全に避けたいなら、注文する前に確認したほうが良いでしょう。

サラダに入っている「生もの」や「ハーブ」

コース料理やセットによく付いているサラダ。具体的に何が使われているかふだんならあまり気にしないかもしれませんね。しかしサラダには妊娠中に気を付けたほうが良い食材が入っていることが少なくありません

リッチなサラダによく入っているの生ハムやスモークサーモン、生の魚など。ボリュームもあって美味しいのですが、妊娠中の生ものはご法度です。

そして食べないほうが良い野菜類もよく紛れ込んでいます。代表的なものはハーブ類やスプラウトなど。

ハーブ類には妊娠中に控えたほうが良いものが多く、スプラウトにはリステリア菌が潜んでいる可能性が。

見た目にも分かりやすいものは簡単に避けられますよね。例えば細かく刻んでいないパセリは避ければそれで済みます。スプラウトが散らしてあったり、ベビーリーフに紛れ込んでいる時は少しやっかいですが、わかった時点で避けられます。

しかし細かく刻んでサラダにあえてあったり、ドレッシングに入っているともうお手上げ。諦めて食べるか、できるだけ避けて食べるか。完全に食べたくないなら、食べるのを諦めるしかありません。

サラダに何が入っているのか分からない時は事前にお店の人に確認して、食べられないものを抜いてもらうのが一番でしょう。

妊娠中NGのハーブがよく使われるタイ料理

野菜がたっぷりのタイ料理はヘルシー、おまけに酸っぱい味付けのものも多いので妊娠中食べたくなるかもしれません。しかしタイ料理は妊娠中に避けた方が良いハーブが多く使われています

例えばレモングラス、トムヤムクンやタイカレーによく使われています。またバジルはガパオライスや炒めモノによく入っていますよね。全く使われていない料理もあるので、タイ料理を食べる時は何が入っているか確認してからが良いでしょう。

とはいえタイの女性は妊娠した時も日常的にこのような料理を食べていると予想されます。普段から食べ慣れている人はそこまで構えなくても良いのかもしれません。ただハーブは西洋の薬、何が起こるか不安になるくらいなら避けた方が良さそうですね。

避妊に使われるハーブが盛りだくさんの「イタリアン」

女性に人気のイタリアン。生ものさえ避ければ問題なさそうですが、実はイタリアンには避妊に使われるハーブがふんだんに使われています。それはイタリアンパセリとバジル。

どちらもイタリアンにはよく使われていますよね。イタリアでは避妊に利用されるため、妊婦ご法度と言われているとか。妊娠している側からすると恐ろしいハーブですよね。

どちらもかなりさまざまな料理に入っていますよね。少しくらいなら気にすることはないと思いますが、バジルペーストたっぷりのパスタやピザは避けたほうが良さそうです。

大量に食べなければ問題ないようですが、どこまで避けるかは個人の判断。気づかないうちにたくさん食べていた!なんてことが無いように気をつけること。

個人的には避妊のために使われていたものもあるので、できるだけ避けたいというのが本音。料理の上に少しだけかかっているパセリなどは仕方ないですが、それ以外は取り除いて食べています。

またイタリアンには生ハムやナチュラルチーズもよく使われていることを忘れずに。

スパイスたっぷりのインド料理や韓国料理

スパイスが効いたインド料理や辛さが病みつきになる韓国料理、美味しいですよね。妊娠してから無性に食べたくなったという人も少なくないでしょう。

しかしスパイスにはさまざまな作用があり、妊娠中の体には刺激が強すぎたり毒になってしまうものがたくさんあります

スパイスは粉末になっていると取り除けませんし、外食の時は具体的に何がどれくらい使われているのか分かりにくいですよね。

無意識のうちにたくさん摂取して何かあったら大変です。スパイスがふんだんに使われる国の料理は、食べすぎないように注意すること。

火を通してある肉類

生肉にはトキソプラズマ菌が潜んでいる可能性があります。火を通してあれは基本的に大丈夫なので、お店で頼むものは生や半生のものは避けますよね。しかし中まできちんと火が通っていない料理は意外と多いのです

よくあるのは焼き鳥、食材によっては半生の方が美味しいためレア状態で提供するお店が少なくありません。またハンバーグやステーキ類をレアで食べるのも一般的ですよね。意図的に火を通していないとはいえ、妊娠中は避けたいもの。

事前に確認してくれるお店もありますが、全てのお店で確認してくれるわけではありません。レアの可能性があるものを注文する時はしっかり焼いてもらうようにしたほうが良いでしょう。

意図的に火を通していないものならまだいいのですが、本来しっかりと火が通っていなければならないものに火が通っていないことも少なくありません。

例えば唐揚げ。先日お店で大ぶりの唐揚げを頂いた時、ひと口かじって中を見てみたら中がピンク色でした。神経質になるとキリがありませんが、お肉類などは中を確認してから食べたほうが安全です。

スイーツや飲み物によく入っている「シナモン」

避けた方が良いスパイスのひとつであるシナモン。明らかに使われている場合は避けられますが、シナモンはスイーツやドリンクに使われていることがとても多いのです

シナモンロールやメープルシナモンラテなどど記載されていれば分かりますが、何も書いていないと見落としがち。

例えばリンゴを使ったスイーツ。アップルパイや焼きリンゴなどには高確率でシナモンが使われています。またカフェラテやチャイ、ブレンドしたハーブティーなどにもよく入っています。

妊娠中も少量なら問題ありませんし、一度にたくさん食べるものではないので神経質になる必要はありません。しかし知らず知らずのうちに口にしていることも多いので、妊娠中はシナモンが入っているかどうか少し意識した方が良さそうですね。

まとめ

せっかく外食に出ても、出されたものが食べられないのは嫌ですよね。リスクを犯して食べるのもありですが、不安を抱えまで食べることにも疑問を感じます。

妊娠中に外食をする時はできるだけ事前に防ぐことが大切です

* 安心して食べられる可能性の高いメニューを選ぶ
* 注文する前にお店の人に食材や調理法を確認する

とはいえ、あまりにも神経質になっても疲れてしまうだけ。何ごともほどほどが一番、ストレスにならない程度にするのが一番でしょう。

何の制限もなしに好きなものを食べられるということがどんなに素晴らしいことなのか、妊娠すると改めて思い知らされますね。

ここに書いた内容はあくまで素人目線。わたし自身が妊娠してから実態に体験したことや感じたこと、得た知識などを元に書きました。初心者ママのの生の声として参考にしてください。

関連記事

  1. カラフルな壁の前で手を上げてジャンプする幸せそうな女性

    妊娠中に気をつけること

    妊娠中も元気で過ごすために!体調管理のために気をつけている9つのこと

    お腹が大きくなってからとにかく寝つきが悪い。夢にうなされて起きてしまう…

  2. 赤と白のシーツの上で腕を伸ばして仰向けになって眠る白い子猫

    妊娠中に気をつけること

    妊娠中の正しい寝方は横向き!抱き枕を使えばグッスリ快適に♪

    お腹が大きくなってくると眠る時にどんな風に眠ればいいのか困りますよね。…

  3. 白い壁にかかる「WORK HARDER」と書かれた青く光るネオン

    妊娠中に気をつけること

    職場に妊娠の報告をするタイミングはいつがベスト?

    仕事をしている妊婦さんが必ずしなければならないことのひとつに「妊娠の報…

  4. 黒い背景に浮かび上がるお腹の大きな美しい妊娠中の女性

    妊娠中に気をつけること

    妊娠中に健康診断を受けても大丈夫?できない検査と注意点

    体のためにもぜひ受けたい健康診断ですが、妊娠中だと検査を受けて良いのか…

  5. ハート形の雪を両手で優しく持つ女性

    妊娠中に気をつけること

    妊娠中は「できる限り危険を避けるべき」東京の大雪で感じたこと

    毎年降るわけではないけれど、何年かに一度はまとまった雪が降る東京。4年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

  1. ふかふかなベッドの真ん中でお昼寝をするピンク色のチュールのスカートをはいた女の子

    妊娠初期

    「妊娠チェック」子宮内にちゃんと着床しているかどうか
  2. 不安そうな顔をして床に寝そべるシマシマの子猫

    妊娠初期

    妊娠初期の流産したらどうしよう…という不安。
  3. 真っ白な下着を身につけてベッドに上に横たわる美しい妊婦

    妊娠初期

    2回目の妊婦健康検診 赤ちゃんの大きさや様子は?
  4. 草むらに寝転がって昼寝をするお腹が大きくなってきた女性

    妊娠中の変化

    妊娠4ヶ月は見た目に変化なし!?お腹が大きくなるのはいつから?
  5. 白いテーブルの上にのったカスタードたっぷりの黄色のケーキとコーヒー

    妊娠初期

    妊娠6週目の味覚の変化
PAGE TOP